フィリピンといえばフィリピンパブも有名すが、フィリピン航空で行くフィリピン生活満喫するフィリピン旅行ガイド!

フィリピンといえばフィリピンパブも有名すが、フィリピン航空で行くフィリピン生活満喫するフィリピン旅行ガイド!
フィリピンといったらフィリピンパブも有名ですが、フィリピン航空でいくフィリピンの生活を見て楽しむフィリピン旅行も最高です!フィリピン旅行に役立つ情報をご紹介します。

■スポサード・リンク■


■スポサード・リンク■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
フィリピンランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

旅行を考える:「聖金曜日 Good Friday」(イ...

「聖金曜日 Good Friday」(イースター前の金曜日)には、フィリピン各地でキリストの磔刑(たつけい)が再現される。
この催しはしだいに有名になってきているが、中でもマニラに近いパンパンガ Pampanga 州サンフェルナンド San Fernando のものが人気。
フィリピンの「独立記念日 Independence Day」は6月12日で、軍のパレードがある。


フィリピン旅行で注意してほしい食べ物③『生もの』日本の食習慣をそのままに現地に持ち込んで刺身・生の貝などを食べるのは、たとえ一流レストランや高級ホテルであっても非常に危険。
新鮮に見えても食中毒菌、コレラ、A型肝炎に感染することがある。
キニラウ(魚介類のたたき)も危険。
見た目はおいしそうなのでついつい食べてしまいがちになるが、自分の身体を守るためにも生ものは必ず避けるように。


フィリピン旅行に行くのなら現地の食べ物は楽しみの一つだ。
フィリピン料理というと、ちょっと想像がしにくいと思う。
イメージとしては辛いものが多いような感じがするだろう。
しかし意外にもフィリピン料理の特徴は淡白であること。
甘いもの、しょっぱいもの、すっぱいものが多く、辛い料理はほとんどみかけない。
実はこれには理由がある。


フィリピン旅行に限らず旅行の醍醐味は食事だ。
この食事に対して、これほど注意をしないといけないことにがっかりした人もいるだろう。
ここで紹介したものはあくまで一般的に感染症の恐れがある食べ物である。
ただ屋台の中でもしっかりと調理をしてあるものはとても美味だ。
事前にしっかりと情報を収集して、あとは現地で自分の目で判断することが大事である。
少しでも危ないと思ったら決して口にしないこと。







その他の関連情報を見る?⇒          



スポンサーサイト


フィリピン情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
フィリピンランキングへ
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

イースターを考える:フィリピンでは「パッション・ウィーク(受...

フィリピンでは「パッション・ウィーク(受難週) Passion Week」(イースター前の日曜日、パーム・サンデーから始まる1週間)にもパレードがある。
フィリピン版マルディグラ(謝肉祭に行われるニューオーリンズなどのカーニバル)といえるのが、パナイ Panay 島カリボ Kalibo の「アティアティハン Ati-Atihan」の祭りで、1月第3週に3日にわたって行われる。


フィリピン旅行で注意してほしい食べ物②『アイスクリーム』フィリピンのアイスクリームは美味しいと言われているが、不衛生な屋台などで出されたもので下痢した人がおり、赤痢や食中毒の心配がある。
冷凍されたものでも細菌は死ないことはおぼえておいてほしい。
『果物』カットされて出される果物は、ホテルやレストランでも避けるほうが無難。
また、不衛生な露店や屋台で切売りされている果物も危険。
赤痢や食中毒の心配がある。


「聖金曜日 Good Friday」(イースター前の金曜日)には、フィリピン各地でキリストの磔刑(たつけい)が再現される。
この催しはしだいに有名になってきているが、中でもマニラに近いパンパンガ Pampanga 州サンフェルナンド San Fernando のものが人気。
フィリピンの「独立記念日 Independence Day」は6月12日で、軍のパレードがある。


フィリピン旅行で注意してほしい食べ物③『生もの』日本の食習慣をそのままに現地に持ち込んで刺身・生の貝などを食べるのは、たとえ一流レストランや高級ホテルであっても非常に危険。
新鮮に見えても食中毒菌、コレラ、A型肝炎に感染することがある。
キニラウ(魚介類のたたき)も危険。
見た目はおいしそうなのでついつい食べてしまいがちになるが、自分の身体を守るためにも生ものは必ず避けるように。







その他の関連情報を見る?⇒          





フィリピン情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
フィリピンランキングへ
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

セブ島を考える:フィリピン旅行をする人にとって治安は、滞...

フィリピン旅行をする人にとって治安は、滞在先を選ぶ意味でも重要だが、セブ島に関してはフィリピン中でも治安は良いほうである。
ただ油断は禁物だ。
セブ島へは成田空港からセブ直行のフィリピン航空が週5便(冬季は週6便)乗り入れているす。
フライトは約4時間30分。
マニラを経由する場合にはフィリピン航空が成田、名古屋、関西、福岡、沖縄からそれぞれ乗り入れており、マニラで乗り換えセブまで1時間のフライトとなる。


フィリピン旅行で注意してほしいことがいくつかある。
中でもフィリピンでは感染症に注意をしてほしい。
フィリピンは多くの島々で構成されているため、その気候も一様でない。
これが感染症を引き起こす原因ともなっている。


フィリピン旅行で悩むのが雨だ。
日本人にとって、雨季と乾季があるフィリピンは天気が読みづらい。
セブ島は一年を通して18度~35度ぐらいの気温。
中でも一番南国らしく暑いのは3月~6月の乾季。
セブ島は雨季でも実は夕方、夜間に雨が降る程度である。
そして3月~6月の乾季は雨がほとんど降らない。

フィリピンは基本的には熱帯性モンスーン気候に属し雨季と乾季に分かれている。
しかし島によってはこの雨季と乾季の差が明瞭でないもの、あるいはほとんどないものがある。
そのため、流行する感染症も赤痢やコレラなどの消化器系感染症は、特に季節的な変動がなく発生している。







その他の関連情報を見る?⇒          





フィリピン情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
フィリピンランキングへ
この記事のURL 未分類 コメント : - トラックバック : -
プロフィール

さりなさん

Author:さりなさん
フィリピン旅行は最高に楽しいですが、治安の悪いところや知っておかないと怖いこともあります。このブログではフィリピン旅行を100倍楽しく過ごせる情報をご紹介して行きます!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。